« 実態を見ることは理解につながる | トップページ | 認知症治療薬への期待 »

成年後見人制度

母の認知症がいよいよホンモノになってきた、と思った頃に読んだ「妻が認知症になった」という本に、『成年後見人の手続きをした・・・』という記述があり、成年後見人制度のあることを知りました。

母の自宅へ介護に通い始め、徐々に介護に行く日が多くなり、そのたびに交通費も掛かりますし、ほぼ毎回、食料品や日用品を買うようにもなります。
2週間に一回くらいの割で病院にも連れて行かなければならず、そのたびにタクシー代もそれなりに掛かりました。

そのくらいの費用は息子の私が負担するのが当然だとは思うのですが2001年以降、仕事の状況が芳しくなく、自分の生活さえ苦しい状態になっていましたので、せめて実費はもらう必要がありました。(我ながら情けないことです)

そこで、母の自宅(都営住宅)の家賃や電話、水道光熱費などの管理をしていた弟に頼んで、母の預金口座から、毎月数万円ずつ引出しては経費相当分を受取っていました。

弟が銀行へ行って、母の口座から現金を引き出そうとすると、窓口の行員が疑るような目で見るのがイヤだ、と言っていました。
もちろん定期預金の解約などは本人のサインがないとできません。
銀行だけでなく、都営住宅の家賃の関係で役所の窓口へ行き、母の納税証明をもらおうとすると、本人が来てくださいとか、来られないならサイン入りの委任状を出してくれと言われ、自分の名前も書けなくなってしまった母のことを説明するのに苦労したそうです。

去年の2月25日から特養ホームに入所したので、都営住宅の解約手続きもしなければならないのですが、まだできていない状況。
まずは成年後見人にならなければ、と考えているところです。

|

« 実態を見ることは理解につながる | トップページ | 認知症治療薬への期待 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

風さん、コメント拝見しました。
ご心配はあろうかと思いますが、一度福祉事務所へご相談に行かれてはいかがでしょうか?私のもらった資料にも確かに父親の年金を母親のために使えるかどうかは明示されていませんでしたが、その辺りは裁判所が審査するらしいです。
裁判所は鬼ではありません、事情を詳しく説明すれば、親夫婦のことですから理解してくれると思います。
裁判所は、あくまでも被後見人が不当な損害を被るのを防ぐための判断をする訳で、父親(夫)が母親(妻)の生活のために年金や預金を使うのはごく当然のことのように思われます。
(あくまでも素人的な考えですけれど・・・)
司法書士だけでなく、福祉事務所へご相談されることを重ねてお勧めします。

投稿: KK | 2009年9月30日 (水) 22時11分

後見人制度ですが、父の預金は100%、父の為だけで、母の老人ホームの入所金に使えないのなら・・・
また、これが一番の心配事なのですが、父の年金も100%父の為だけにしか使えないとしたら・・・
母は飢え死にしてしまいます
以上の点が恐くて、司法書士に後見人の依頼を頼むのを保留しました
(司法書士も曖昧な答えでしたので)
現在、母の定期、私の定期を解約して普通預金にし、これからの入用に備えている日々です
それにしても、今まで、自分の事だけ考え、瑣末な人間関係に一喜一憂して、老いた両親の事など、露ほども考えず、飲み明かしていた日々が何と幸な日々だったことか・・・
いつも、突然ですいません

投稿: 風 | 2009年9月30日 (水) 19時45分

風さん、コメントありがとうございます。
昨年の11月に上記の記事を書いてからもう10ヶ月も過ぎてしまいましたが、今月になってやっと成年後見人の申し立て手続きに関する資料を入手致しましたところ、提出書類が多いことなど、手続きの繁雑なことがよく分かりました、司法書士を紹介してもらったのはきっと正解だと思いますね。
介護に関しては一人で抱え込んだり考え込まないことです、ウツにでもなったら共倒れになってしまいますから・・・。
どうぞお大事に。

投稿: KK | 2009年9月20日 (日) 10時00分

私の父も、要介護4で
最近、民間の介護老人ホームに入所しました
場所は非常に遠いのですが、何とか、一時金なしで年金の範囲内なのと、老いた母の父の介護が大変なので、バタバタと入所を決定しました(慌て過ぎたかな~と少し反省しているのですが・・・)
それやこれやで、ホットしたら、今度は父の定期が解約出来ない!
銀行の方が後見人をご存知ですか、と聞かれて初めての言葉なので、えっ~と言う感じで、とにかく司法書士を紹介してもらい、近日中に会う予定です
あれやこれやの書類そろえなければ、また老人ホームの毎月の費用、老いた母のこと等を考えると・・・
気が滅入り、鬱になりそうです
突然で失礼ですが、また、近況を報告します

投稿: 風 | 2009年9月19日 (土) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448039/25269234

この記事へのトラックバック一覧です: 成年後見人制度:

« 実態を見ることは理解につながる | トップページ | 認知症治療薬への期待 »