« ベストハウス123 | トップページ | 要介護認定の更新 »

「近況報告」

母がお世話になっている特養ホームからは、毎月、前月の利用料の領収証と請求書が郵送されてきます。
施設の利用料金の他、医療費、理美容料(数ヶ月おきの散髪)、投薬料などの内訳や領収証も同封されるほか、タイミングによってはイベントや予防注射の通知なども、同封されています。

それにもう一つ、必ず同封されているもので、居室担当の介護福祉士さんの手書きによる「近況報告」というメモがあります。
A4サイズの紙の1/6程度の用紙に、毎月120文字前後で、例えば・・・

(3月)精神科の薬が、半錠、朝、夕と定期で処方されることが決定致しました。以前より大分穏やかに過ごされております。食事はこれまで通り、ご自分で召し上がられています。眠気がみられるときは横になっていただき、休息をとっています。

(4月)精神科の薬を飲んでいただいてから、大分状態の方、落ち着いてきたように感じます。日によっては大声を出したり、テーブルをたたいたりといったことも見られますが、体の痛み訴えはほとんど聞かれなくなりました。○○様にとって良い状態なのかなと思います。今後も様子を見ていき、変化があるようでしたらお伝えしていきます。

(5月)・いつも来訪ありがとうございます。ベッドより転落されてから様子を見ていますが、いつもと変わらず元気に過ごされています。食事中は、傾きが見られる事が多いですが、手でほとんど摂取してくださいます。

(6月)・新型インフルエンザに関心が高まっている今日この頃、施設内でも手洗い・うがいを毎日して予防に努めています。○○様の場合口腔ケアが難しく2人で行っています。食事は、毎日ほぼ全量召し上がってくださいます。何かお気付きの点がございましたらお知らせください。

といった感じです。
隔週土曜日には必ず面会に行っていますし、その都度、介護記録のファイルも拝見しているので、ほぼ状況は理解できているつもりでした。

ところが・・・8月14日に、7月分の請求書と一緒に届いた「近況報告」(8/5)には、、、。

・新しく居室担当になりました○○と申します。これからよろしくお願いします。先月の26日の夏祭り、本人楽しそうに参加されていました。退院後は体調不良もなく、元気に生活されています。

と書かれていました。

今年も夏祭りには、弟と二人で面会に行き、母の車椅子を押して、施設内の1階と5階で実施されていたアトラクションに連れて行きましたが、大きな音に驚いたのか?泣き叫んでしまってどうにもならず、居室のあるリビングへ連れてもどるしかありませんでした。
せめて模擬店で売っていたスイカの切り身を買ってきて、一口大に切り分けたスイカを少し食べさせるのがやっとで、いつものことながら、母はイベントを楽しむことはできないと思って帰ってきたのでした。

毎月送ってくれる「近況報告」でしたが、あまり信用できないな、と思うことになりました。
特養ホームは家族や親族からお年寄りを預かって世話をしている施設ですから、家族には老人が楽しく元気に過ごしているという報告をして、家族や親族を安心させたいという思いがあるのでしょうが、事実誤認があっては「近況報告」の意味がありません。

面会に行ったときに、日頃の生活について認知症の進んでいる母に確認することはできないので、何とも言えませんが、介護福祉士の報告を信じることができなくなってしまったことは残念です。

|

« ベストハウス123 | トップページ | 要介護認定の更新 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

だったら、施設に預けないで自分で介護してください

投稿: らあ~ | 2016年5月11日 (水) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448039/30965147

この記事へのトラックバック一覧です: 「近況報告」:

« ベストハウス123 | トップページ | 要介護認定の更新 »