« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

勝手な思い込み

1月19日に退院した後も、微熱があったり、嘔吐があったりで何かと介護福祉士や看護士の皆さんにご心配をおかけし、状況の報告電話をいただいていましたが、2月の下旬頃からは落ち着いてきたのか、電話をいただくことはなくなりました。

今日、4月6日まで、仕事に忙殺されていてブログを書く時間が作れませんでしたが、とにかく2週間に1度の面会だけは、土曜日を日曜日に変更したりしながら続けました。
母は私が行って話し掛けても、ベッドで天井を見たまま「アァ~!アァ~!」と言うばかり。
手を震わせたり、布団を苛立たしそうに叩いたりしながら大きな声を上げています。
30分くらいベッドの傍にイスを寄せて状況を見守ることしかできません。

私の娘が赤ちゃんの頃、夜泣きで夜中の1~2時に明かりを点け、抱っこしては、泣くままに子供の顔を見ていたのを思い出しました。
当時、この子はまるでこの世に生まれ、前世のことを思い出しながらその記憶と決別するために泣いているのではないか?と思ったものです。

今の母を見ていると、これまで生きた87年間の出来事の中から、悲しかったり辛かったりしたことばかりを思い出しながら半分泣いているような声を上げているようにも思えて、傍に居ると不憫に思えてなりません。
もちろんこれは私の勝手な思い込みに違いないのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »